本文へスキップ

かつての湯治場の息吹を伝える 山間の霊泉

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0829-83-0403

ご予約はこちら  
ようこそ 森井旅館 の ホームページへ 
 
 江戸時代から愛され続ける 湯の山温泉やわらかな お湯に浸かり、季節の旬な地元の食材を楽しみ
ゆったりとした時間をお過ごしください。こころとからだに休息(湯治)を…

宿泊プランは こちら            お食事・休憩プランは こちら 

館内案内
は こちら             旅館までの 交通機関は こちら 

湯の山温泉(単純弱放射能冷鉱泉)

温泉イメージ 湯の山温泉は 自然湧出の湯で、古来より湧き続け「湯ノ山明神霊験の湯」として
信仰された湯治場です。
寛延元年(1748)には 湯治宿が37軒建つほどにぎわい
寛延2年 広島藩主(浅野吉長 公)により、湯ノ山明神社の再建
現在の 旧湯治場(国の重要有形民俗文化財 右:写真)を建造
翌年 宝暦元年(1750)に社参 入湯され 以後広島藩の湯治場として栄え
このことにより県の史跡指定対象となりました。
このころのありさまを書き記した
「水内紀行」「霊泉記」「都志見往来日記」等々の書物により当時の様子が伺えます。
江戸末期から昭和にかけ多くの湯治客に愛され続けた歴史があり、現在も多くの方々が脚を運びます。
療養温泉番付『前頭』にも選ばれた国民保養温泉地で
全国に21か所しかない国民保養温泉地です。

適応症・禁忌症
は こちらをクリック
 


湯の山 だより

梅雨明けになり、夏本番を迎えました。
ホタルまつりには、たくさんご来場頂きまして 有難うございました。
ホタルの時期は終盤となり、振り返れば 例年より少なめだった様に 感じられます。
まだほんの少しですが、残り飛翔に 出会えるときもございます。
夏休みに入ります。お子様と共に、湯来の自然と温泉にゆったりと ふれ合うひと時を
過ごして頂ければ、幸いです。


連日開催の ホタルまつりも、たくさんの ご来場、鑑賞頂き、賑わっております。
ホタルを訪ねて、車を走らせる(6月28日現在)と、ようやく ホタルたちの数が増えて参りました。
一雨ごとに、各エリア 飛翔数が、増えつつあるようです。
満点の星空日和に、流れ星と見間違えるほど舞う 幻想的な光景
まもなく観られると、期待しております。


湯来町といえば ホタル ですが、今年は どのエリアも 昨年までの飛翔が望めない寂しい状況でした。
6月初旬 湯の山・水内筋 で1~2匹程度、
朝晩の冷え込みと 空梅雨の為か そのまま匹数は望めず、中旬4~5匹程度でした。
そんな中、町内情報を頂き、22日夜 1か所 30~40水内筋で飛翔確認出来ました。
22,23日と続けて町内エリアを見て廻りましたが、がんばって、10数匹でした。
この24日 (土) より 7月2日 (日) 迄『湯来温泉 ホタルまつり』が 開催されております。
25日(日)現在 どのエリアも ぼちぼちですが、確認されています。
ホタルの飛翔も これから…とのお話もあります。
起こしの方は、夜道でございますので、鑑賞マナー駐車マナーご協力お願い申し上げつつ、
自然が織りなす、ホタルたちの優雅に舞う ひと時を お楽しみ頂ければ幸いです。
湯の山温泉館の 打たせ場 にも時々ですが、ホタルが舞います。
 幸運にも明神さんのホタルに 巡り合えれば、運気上昇ですね☆


☆玄関に来館でした。

☆クアハウス駐車場
※上記写真は 昨年の 湯の山ホタルです。



GW中は お陰様で当館も「満館」となり、ご利用頂きまして誠にありがとうございました。
お問合せ頂きながらも 御断り致しました方々 大変申し訳ございませんでした。
またのお問合せ 心よりお待ちしております。


新緑 まぶしい季節を迎えました。                                 
 
GW前に 当館 前にある 源泉かけ流し 足湯 (ドクターフィッシュ在住)の 清掃・補修・補充を 無事行う事が出来ました。
年々生き延びて来ました「ガラ・ルファ」 8匹に加え、新入生100匹を迎える事が出来ました。        
ひとえに 皆様の[お心づけ]の お陰様です。厚くお礼申し上げます


湯の山へお越しの際、湯の山温泉 源泉かけ流し足湯(24℃)で 魚たちと リラックスして頂ければ、幸いです。
心よりお待ちしております。 


周辺ガイド

      
クアハウス湯の山  (0829)83-0802
当館ご利用の方 クアハウス湯の山 優待券
 差し上げます。
6月27日(火)~29日(木)迄 ろ過機改修工事の為、休館です。6月30日(金)より 通常営業です。
7月2日(日)は クアハウス誕生祭 です。
施設の案内は こちら

湯の山温泉館     (0829)83-0802
 湯の山温泉の元湯(外湯)です。
 お殿様もお入りになられたという国の重要有形民俗文化財の湯屋の山肌より
 自然湧出した源泉
を そのまま名物打たせ湯として
            江戸時代に盛んであったここ湯治場にて 今もなお 浴びることができます。

湯の山明神社(国の重要有形民俗文化財)
 寛延2年 広島藩主(浅野吉長 公)により、湯ノ山明神社の再建と
 現在の 旧湯治場(国の重要有形民俗文化財 左:写真)を建造
 打たせ場のすぐ上部に 写真下:湯屋(湯殿) 中央:拝殿 上部:本殿 と 現存しており、
 散策・参拝・霊水を汲み持ち帰ることもできます。

information店舗情報

湯の山温泉 森井旅館

〒738-0601
広島県広島市佐伯区湯来町和田464
TEL.0829-83-0403
→アクセス


inserted by FC2 system